2017年07月26日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

「横浜第2港湾合同庁舎、大きな穴が開いた日章旗を掲揚」神奈川新聞記事と読み比べてもらいたい、やまと新聞記事 電話取材でより詳しく見えてきた当時の状況

国旗は日本国の顔であり、政府機関が慎重に取り扱うのは当然のことだ(参議院に掲揚された日章旗 Photo/松原 久)

7日夜、神奈川新聞インターネット版カナロコで、横浜第2港湾合同庁舎で、大きな穴が開いた日章旗を掲揚したとする記事が写真付きで掲載され、大きな反響を呼んだ。

Yahoo!ニュースでは、当該記事について、8日19時の段階で約3500ものコメントが掲載されており、大半が横浜第2港湾合同庁舎に批判的なコメントだ。

【リンク】「大きな穴が開いた日章旗を掲揚 国の機関が入居する横浜第2港湾合同庁舎」(カナロコ by 神奈川新聞 3/7(火) 20:47配信)

やまと新聞が、横浜第2港湾合同庁舎の施設担当者に電話取材を行い、事実関係の確認を行ったところ、今回の事態についての当事者が話した内容は、神奈川新聞が報じた内容と随分印象が違ったもののように感じられた。

担当者による発言を整理すると、以下のようになる。

・いずれにせよ、今回の件は日章旗が経年劣化しているので、より早めの対応をしておくべきだったと反省している。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。