2017年10月24日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

米国次期国務長官 尖閣諸島、日米安保条約に従い防衛の意向示す 歴史修正主義者中国共産党反発「尖閣諸島は古くから中国固有の領土」

米上院外交委員会の指名承認公聴会で、次期国務長官候補が、中国が尖閣諸島に侵攻した場合、日米安保条約を適用し防衛する考えを示したことに対し、中国が反発した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。