日本政府、「日韓合意」を理由に、日韓通貨スワップ協定再開に向け、韓国政府と具体的な交渉開始

外務省ホームページより、岸田文雄外務大臣(右)と、尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官(左)

外務省ホームページより、岸田文雄外務大臣(右)と、尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官(左)

14日、菅官房長官は、韓国政府との間で、昨年2月に終了した、日韓通貨スワップ協定再開に向けて、具体的な交渉を進めていることを明らかにした。

菅官房長官は、「両国間で、取り決めに関する議論を進めている。合意に至るかどうかも含めて、予断を持ったコメントは差し控えたい。いずれにせよ、日韓の経済の結びつきは緊密であって、両国経済が安定的に発展していく。日本政府は、このことが極めて大事だという認識を持っている」と述べた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。