2017年06月25日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

東京都知事選、やまと新聞独自取材、中野区ポスター掲示板貼り出しから見る動員力、1位増田氏、2位小池氏、3位は桜井氏

image

15日午後、中野区内のある都知事選ポスター掲示板

14日に告示された、舛添要一前都知事辞職に伴う、東京都知事選。

自民党・公明党・日本のこころが推薦した、増田寛也元総務大臣(64)と、6月29日に出馬を表明し、自民党との調整がつかず、自民に分裂選挙をもたらした小池百合子元環境大臣(64)、民進党、共産党、社民党、生活の党の野党統一候補として出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の三つ巴の争いとみられているが、組織動員力を図る目安の一つとされる都知事選ポスター掲示板への貼り付け状況から見ると、既存の政治勢力が作り出した構図とは違った動きが出てきている。

14日、やまと新聞が、中野区内の都知事選ポスター掲示板を調査したところ、1番ポスター貼り付けが早かったのが、増田氏、2番手に小池氏だった。順当にいけば、野党統一候補の組織力があるとみられる鳥越氏だが、14日の段階では鳥越氏のポスターは1枚も確認できず、3番手は、在日特権を許さない市民の会前会長の桜井誠氏(44)だった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。