2018年07月16日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】W杯報道にもスポーツマンシップを

※日本代表の勝利で渋谷・東急百貨店の期間限定アディダス・オフィシャル店に立ち寄る人もちらほら(20日)

 
決戦、主砲、先制弾……スポーツ関連の記事では、軍事的な意味で生まれた言葉をよく使う。
 
日常で使う言葉も多いので、上記の単語にはさほど違和感がないが、開戦や奇襲、被弾、終戦といった、別の言葉でも置き替えられそうな単語でも、敢えてインパクトの強い“戦争用語”が見出しに用いられていることが、とりわけウェブ記事ではよく見かける。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。