2018年05月25日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【告知】5・25 日本を救うシンポジウム 第一回 ~激動する朝鮮半島、そのとき私たちはどうすべきか~

日本を救うシンポジウム 第一回 

~激動する朝鮮半島、そのとき私たちはどうすべきか~

 
【日時】平成30年5月25日(金)
18時30分~20時30分(開場18時)
 
【会場】星陵会館ホール
東京都千代田区永田町二丁目16番2号
03 (3581) 5650
最直近は地下鉄永田町駅から徒歩3分
 
【登壇者】西村眞悟(政治家、元衆議院議員)
     荒木和博(拓大教授、特定失踪者問題調査会代表)
     加瀬英明(外交評論家、主催団体会長)
     (司会・葛城奈海)
【参加費】1000円
 
【主催】日本再生同士の会(西村眞悟全国後援会)
    本企画連絡先 090-4815-8217(中村)
 
 韓国は昨年朴橿恵大統領が罷免され、l文在寅左翼政権が誕生しました。そしてその後、急速な対北傾斜の中で南北首脳会談開催が合意されました。さらには米朝首脳会談開催にトランプ大統領が合意、東アジア情勢は大きく動いています。
 
 一方、日本海沿岸には昨年11月以来漂着する北朝鮮木造船が急増し、北朝鮮が「海の向こう」ではなく「対岸」であることが実感されるようになりました。このようなときこそ「かくあるべし」で終わるのではなく、自分たち一人ひとリが何をすべきなのか、何をしなければならないのかを考えるシンポジウムを開催しようということとなりました。拉致問題の突破口を切り拓き、尖閣に上陸した西村員悟とともに、さらに一歩踏み出しましょう。一人でも多くの皆様のこ参加を期待しております。