2017年10月24日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

文化大革命時代のモンゴル人ジェノサイドの ユネスコ記憶遺産を目指すシンポジウム

文化大革命時代のモンゴル人ジェノサイドの ユネスコ記憶遺産を目指すシンポジウム
 

登壇者 
オルホノド・ダイチン(南モンゴルクリルタイ幹事長)
西村幸祐(ジャーナリスト、アジア自由民主連帯協議会副会長)
ゲスト:藤木俊一(テキサス親父日本事務局)
 
 中国の文化大革命時代、南モンゴル(内モンゴル自治区)では「モンゴル人であること」それ自体が弾圧、拷問、虐殺の原因とされました。その犠牲者の数はいまだに明らかになっていませんが、中国政府の公式発表でも約3万人、モンゴル人研究者の中には数十万人が犠牲になったという説もあります。特に、満州帝国時代、日本による近代的な教育を受けたモンゴル人は日本のスパイとみなされ悲惨な運命を強いられました。そして、今も南モンゴルに対する弾圧と環境破壊、そして土地の強奪は続き、モンゴル民族絶滅政策は今も進行中です。
 海外のモンゴル人連帯組織「南モンゴルクリルタイ」は、来年、ユネスコの記憶遺産に、モンゴル人虐殺の記録を、当事者の証言、当時の報道、中国政府側の資料などに基づきユネスコの記憶遺産に登録申請することを決定しました。
 今回の講演会は、クリルタイのオルホノド・ダイチン幹事長が、ユネスコ記憶遺産登録の意義と資料の紹介を行い、ジャーナリストの西村幸祐氏が、中国共産党の過去の他民族虐殺と、現代日本に迫る脅威について語る予定です。そして、テキサス親父日本事務局の藤木俊一氏より、現実の国連での活動を通じた激励のメッセージを戴きます。皆様のご参加をよろしくお願いします。
 
日 時 2017年9月24日(日) 午後2時開場 2時半開会
場 所 TKPスター会議室四谷第2会議室
          東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 301号室(第2)
          http://www.kaigishitsu.jp/gmap/gmap-yotsuya.html
参加費 1000円
主 催 南モンゴルクリルタイ
 
連絡先 オルホノド・ダイチン 080-9129-2872