2017年08月24日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

【都議選】都民ファーストの会中野区 荒木千陽氏 コングレススクエア中野で決起集会 小池知事に6年間仕えた経験活かし着実に支援の輪広げる

11日、東京中野区のコングレススクエア中野において、都議選(6月23日告示、7月2日投開票)で、都民ファーストの会公認で中野区から出馬を予定している荒木千陽(ちはる)氏(35)の決起集会が行われた。

集会には、小池百合子都知事をはじめとして、自民党を離党した若狭勝衆議院議員や都民ファーストの会中野区議団の3名の区議(稲垣淳子議員、渡辺武議員、内野大三郎議員)も出席し、集まった観衆に対し、荒木氏への支援を呼びかけた。

小池知事の元々の地盤である豊島区の高野之夫区長は、日頃から親交のある荒木氏の応援に駆け付けて挨拶を行ったが、田中大輔中野区長は出席しなかった。

小池知事は、応援演説の中で、6年間秘書として自身を支えてきた荒木氏に絶対の信頼を寄せつつ、小池知事が代表を務める都民ファーストの会が、都議選で躍進し、公明党などと合わせて過半数の勢力となった場合、議会のチェック機能が果たされなくなるのではないかという懸念の声があがっていることについて、次のように述べた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。