2017年08月22日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

「パナマ文書問題への理解が深まる」基礎知識

2013年に著書「アングラマネー」でタックスヘイブンについて詳細な解説をしている­藤井厳喜氏。著書を題材にパナマ文書問題・タックスヘイブンを理解するための基礎知識­をお伺いしました。

本編はニコニコ動画「やまと新聞公式チャンネル」で公開中です。
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun

■キアッソ米国債事件
(日本人が13兆円もの米国債を持ち出そうとして拘束された実際の事件・米財務省は偽­造と認定しかし・・・)

■イランコントラ事件
(アメリカがイランに武器供与していた。これらは表の資金ではできない)

■タックスヘイブンはお金を逃がすだけでなく子供を逃がす場所でもある

■タックスヘイブンの中心「シティオブロンドン」とはロンドン市とは全く別
(ロンドンの真ん中わずか2.29hkmにある独自の自治をする治外法権地・イギリス­の法律はほとんど通用しない)

■歴史的経緯がわからないとパナマ文書はただのスキャンダルにしか見えない

■リーマンショックもアングラマネーが原因だと明らかになっている

ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン
代表取締役 藤井厳喜