2017年10月22日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

緊急寄稿2  田植え戦闘期を狙え!!

連載第12回

緊急寄稿2  田植え戦闘期を狙え!!

       ~思わぬ危機、風船爆弾に注意せよ~

宮塚利雄(宮塚コリア研究所代表)

野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

平成二九四月二八日、アメリカのトランプ大統領は上院議員を集め、北朝鮮に対してはこれから、外交努力や経済制裁の強化を重視する、という説明をした、という内容のニュースが流れた。つまり、武力行使はしません、ということだ。すぐその翌日、二九日朝、北朝鮮が弾道ミサイルの発射実験を行った、というニュースも流れた。トランプ大統領の上院議員への説明を受けての返礼のようなニュースであった。

小欄では石油パイプラインの破壊、双目峰への伏兵配置など提案してきた。日本中に北朝鮮への危機感が高まる中、Jアラートを聞いたのち、3分間でどこに逃げるか、何ができるかなどの論議がなされたり、アメリカの空母や潜水艦が韓国に近づいたり、打撃群などといかめしい単語がメディアで紹介されたりしている。北朝鮮に核を打ち込まれたら、サリンが搭載されたミサイルが落ちたら、などの論議が熱心になされ始めた。さらに、米中首脳会談のおり、アメリカのトランプ大統領が中国の習近平主席にディナーの終わりのデザートの時、シリアに爆弾落としました、と告げた、というニュースがあり、大統領のあざやかな外交手腕に世界が驚いた。中国の政治家の一枚上を行く政治家が、アメリカにはいる。不謹慎だが、このようなニュースや論議はテレビドラマよりも面白い。

 ミサイルや核は恐ろしい。しかし、こと、北朝鮮については、もっと恐ろしいものがある。それは、気球である。透明の巨大ビニールごみ袋のようなものに水素ガスを入れ、先にタイマーをつけて、謎の液体とともに飛ばされたものが、頻繁に日本に流れ着いている。核ミサイルに比べたらコストは格段に低い。

http://www.sankei.com/photo/daily/news/160928/dly1609280022-n1.html

http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4521.html

 

 このような気球に辛ラーメンをつけたり、お金、ポルノ写真などをつけたりして、韓国の篤志家達はさかんに北朝鮮に飛ばしているが、北朝鮮もまた、情宣ビラをつけて韓国に向けて気球を飛ばしている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。