2017年09月21日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

【連載第七回】中朝国境の旅 野牧雅子

【連載第七回】中朝国境の旅

宮塚コリア研究所研究員・中学校教員  野牧雅子

 %e6%b8%85%e5%9f%8e%e6%a9%8b-002

 鴨緑江側にある水豊ダムの近くには、清城橋が架けられている。日本統治時代のものである。朝鮮戦争の時、米軍に爆破されて、断橋となった。これらの写真は、平成一九年十一月に撮ったもの。トーチカも残っていた。

 ここは、中国にとっては歴史的な場所でもあり、政治的な場所でもある。そのため、観光化を進めているらしく、橋には説明書きがたくさんあったが、中国語が読めない私には、内容が分からなかった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。