「中朝国境の旅」第五回 宮塚コリア研究所研究員 ・中学校教員 野牧雅子

 私は、中朝国境で多くの写真を撮り続けた。雑誌やスポーツ紙で取り上げていただいたものもある。すべてデジタルで撮った。写真愛好家はよく、「デジタルよりも、フィルムのほうが良い写真が撮れる」とか「写真の修業はフィルムでするのがよい」という。しかし、報道写真なら、フィルムよりデジタル写真でなくては、仕事にならない。情報処理の速さが違う。パソコン画面で自由に引き延ばして見る、メールに添付して送る、ファイルをコピーする、などなど、簡単にできるからだ。

豆満江の家

豆満江の家

 今回の写真は、初めて中朝国境へ行った時のもの。茂山の近くの河沿いの家。

 屋根が崩れそうな家だが、庭がある。庭とは言え、これは自留地と呼ばれるもの。自留地とは、自分で自由にできる土地、という意味。自留地の中では何を作ってもよく、収穫された作物は、自由に売ったり、食べたりでき、その収入も自分のものになる。北朝鮮では、実際にどの程度の「自由」が許されているかはわからないが、作物は植えられている。人々は共同農場よりも、自留地の作物を熱心に手入れするという。共産主義社会の独特のものなのだそうだ。北朝鮮の「自留地」を囲む細い板だが、素人が打ち込んだものなのだろうか。不揃いである。私と夫(宮塚利雄)は、これらの板を「蘇東坡」と呼んでいる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。