2017年10月22日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

天皇御製に学ぶ第六回 「舒明天皇の國見の歌」 四宮正貴

 

高市岡本宮(たけちのおかもとのみやに)御宇(あめのしたしらしめしし)天皇代(すめらみことのみよ)  息(おき)長足(ながたらし)日廣額(ひひろぬかの)天皇(すめらみこと)

 天皇、香具山に登りて望國(くにみ)しましし時の、御製の歌

 

大和(やまと)には 郡山(むらやま)あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 國見をすれば 國原(くにはら)は 煙(けぶり)立ち立つ 海原(うなはら)は かまめ立ち立つ うまし國ぞ あきづ島 大和の國は          (二)

 <通釈>「大和には多くの山々があるが、とりわけて麗(うるわ)しい天香具山に登り立って國見をすると、広々とした平野には、かまどの煙があちこちからたちのぼってゐる。広々とした水面には鴎たちが盛んに飛び立ってゐる。本当に結構な國だなあ、大和の國は」といふほどの意。

 第三十四代・舒明天皇(敏(び)達(たつ)天皇の皇孫。天智・天武両帝、間人皇女(はしひとのひめみこ)の父君。在位十三年。推古天皇元年~舒明天皇十三年<五九三~六四一>四十九歳で崩御)の御製。「高市崗本宮」は、舒明天皇と皇極天皇の二代ひきつづいた飛鳥にあった皇居。

「大和」は、地域としての大和一國正確には磯城・十市・高市の中央平原であるが、同時に日本全体=天皇・大和朝廷の統治範囲のことを象徴する。「大和」の語源は「山へ入り立つ口」即ち山の門(と)であると言う。山の門を抜けると広い平原=磯城平原に出る、そこを「やまと」と言ったといふ。

「香具山」 橿原市東部にある海抜一四八㍍の山。高天原にあった香(か)具山(ぐやま)が、地上の大和と伊予の國に降って来たといふ伝説神話がある。だから「天」といふ修飾語を置いた。大和三山の一。山容穏やか。この山を正面に望むところに藤原京があった。山容から見ると、畝傍山が男性の山で、香具山と耳梨山は女性の山とするべきである。天香具山は古来宮廷祭祀が行なはれた山。天上の聖地が降って来たので神聖なる山と仰がれた。そしてこの山は大和全体を象徴すると見られた。ゆゑに、神武天皇や崇神天皇が行はれた祭祀には、この山の埴土(きめが細かくてねばりけのある黄赤色の土。上代、これで瓦、陶器を作り、また、衣に摺りつけて模様をあらはし、丹摺(にずり)の衣を作った)が用いられた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。