2017年09月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

世界史から紐解く日本「酒の名前の由来となった二人の姫」佐波優子

 酒の歴史は古い。人類は古来から様々な酒を楽しんできた。味も、見た目も、香りも、その名前も。今日は、酒の名前の由来となった二つの事例を紹介したい。

 透明なウォッカを注いだタンブラーに、トマトジュースをゆっくり満たしていく。真っ赤になったグラスの上からレモンを絞ると、カクテル「ブラッディーマリー」の出来上がりだ。ブラッディー(血まみれの)だなんて、カクテルにしては恐ろしい名前だが、実際には本当に血が流れた歴史に基づいている。マリーとは誰なのか、なぜ血まみれなのか、歴史を紐解いていこう。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。