2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

<教科書で教えたい近現代史 第2回> マッカーサーの後悔 パール判事の日本無罪論

■□先の大戦はアメリカが悪く、日本の自衛戦争とマッカーサーが告白 

昭和26(1951)年5月3日、アメリカ上院軍事・外交合同委員会で聴聞会が行われた。

テーマは「極東の軍事情勢とマッカーサーの解任」

連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官だったダグラス・マッカーサーは、朝鮮戦争を通じて、北朝鮮の背後にいるソ連、中国(中華人民共和国)という共産主義国の脅威を痛感していた。

マッカーサーは、日本の戦争の動機は「安全保障の必要に迫られてのこと」、つまり自衛戦争だったとはっきり証言した。

聴聞会の会場がどよめいた。

朝鮮半島を死守しつつ、大陸の中ソと対峙するという戦略は、日本政府が独立を守るために日清戦争以来とってきた戦略と変わりない。

 朝鮮と台湾が共産主義国の手に落ちれば、日本も危うく、極東での米国の陣地は失われ、防衛線は米西海岸まで後退しかねない。それを防ぐには朝鮮半島を死守するしかない。

この見解は国務省や国防総省にも根強くあった。

 マッカーサーの主張は、その後の歴史をたどっても説得力がある。

また朝鮮半島を死守しつつ、大陸の中ソと対峙するという戦略は、日本政府が独立を守るために日清戦争以来とってきた戦略と変わりない。

 マッカーサーは「過去100年に米国が太平洋地域で犯した最大の政治的過ちは共産勢力を中国で増大させたことだ。次の100年で代償を払わなければならないだろう」とも語った。

これは「米国は戦う相手を間違った。真の敵は日本ではなくソ連や中国共産党だった」と言っているのに等しい。

 マッカーサーは日本の占領統治と朝鮮戦争を通じて日本の地政学的な重要性に気づいたに違いない。

 これは「侵略国家・日本を打ち負かした正義の戦争」という先の大戦の前提を根底から覆すどころか、東京裁判(極東国際軍事裁判)まで正当性を失う。

それどころか、5年8カ月にわたり武力で占領統治し、日本の「民主化」と「非軍事化」を成し遂げたというマッカーサーの業績までも否定しかねない。

 

■□ハルノートを突き付け、アメリカは日本を戦争に誘い込んだ 

連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官だったマッカーサーは、「日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かった。日本は何も悪くない。日本は自衛戦争をした」と証言し、次のように述べた。

イギリスのチャーチルに頼まれ、対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込んだ。アメリカは日本を戦争に誘い込むためにイジメにイジメ抜いた。そして最後通牒としてハル・ノートを突き付けた。

 

(注)ハル・ノートとは

昭和16(1941)年11月26日、日米交渉の最終段階にハル国務長官が提示したアメリカ側の提案。

おもな内容は、中国とインドシナからの日本の軍隊と警察力の全面撤退,重慶にある中華民国国民政府以外の政府もしくは政権の否認など。

これをアメリカに置き換えれば、アメリカに移住したアングロサクソンは、アメリカ大陸から出ていき、インディオなとの原住民に土地(アメリカ大陸)を返還すべき、ということなのである。

 

このハル・ノートは、私(マッカーサー)もアメリカの国民も知らなかった。

あんなものを突き付けられたら、どんな小さな国でも戦争に立ち上がる。戦争になれば圧倒的な武力でアメリカが勝つことは戦う前から分かっていた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。