2017年09月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

民社人生に悔いなし 第五回 「『自由、公正、友愛』を」 元民社党広報局次長 寺井 融

 昭和三十五年に民社党が誕生して、乱闘国会がなくなり、議会制民主主義が定着してきました。国家の安全保障についても議論が進んだ。福祉政策も前進したし、元号法制化、「昭和の日」の制定、国鉄民営化も実現した。「功」はたくさんあると、自負しております。

 ところで、「罪」は何か。亡くなられた大内啓伍元民社党委員長は「小さかったことだね」と言い切りました。

 たしかに選挙は、本当に弱かった。苦節十年でやっと当選した渡辺朗さんに「いよいよ国会で、民主社会主義者として活躍できますね」と言ったときです。「民主社会主義云々と言うよりも、この日本の伝統を知って、もっと土地に根付いて行かなければならないね」と言われたんですね。この言葉、この年になってよく判る。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。