2017年12月16日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

「中朝国境の旅」 第三回 宮塚コリア研究所研究員 中学校教員 野牧雅子

 母親の野外おしっこの写真を撮った、平成二〇年三月の旅行だが、瀋陽の桃仙空港から通化を通り臨江に着くまで、夫宮塚は大変に不機嫌であった。雪が積もっていて天気が悪く、対岸の北朝鮮がよく見えない、とがっかりしていた。案内人は二十代後半の若い女性、運転手は同じくらいの年齢の男性であった。二人とも朝鮮族。この青年が私達の北朝鮮ウォッチングに大変興味を持ってくれた。

 長時間車に揺られ、二六日の夜に臨江に着いた。夫は「中国の列車にだけは乗りたくない」と言う。それで、中国での移動は全て車であり、案内人と運転手を雇うのであった。中国は広い。目的地で過ごす時間より、移動の方がずっと長かった。

 臨江から長白(北朝鮮側は恵山)まで、数時間かかった。その間、ぴったりと公安の車が着いてきた。後ろから来るだけではない。前からも公安の車が来て走りながらすれ違った。普通のパトカーであることもあれば、覆面パトカーもあった。私達が車を止め、対岸を眺めて北朝鮮の建物や電車を確認している横を、公安の車が行き交った。「やんなっちゃうな」夫はいらいらしていた。なぜ、ここまでしつこく追い回されるのか。案内人の女性の説明だと、過去、夫の案内をしていた朴先生という男性が、この時、私達が鴨緑江を訪れるの知り、なんと、公安に「あやしい夫婦が来るぞ」と密告したと言う。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。