2018年06月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】党首討論で男を上げた玉木氏、それでも前途多難?

5月30日に行われた党首討論で、玉木雄一郎・国民民主党共同代表は、これまでの対決姿勢を一変、「この国会で内外の諸問題を解決していきたい」と責任野党の立場を明確にし、ネット上で評価を上げた。
 
野党で最初に討論に臨んだ枝野幸男・立憲民主党代表は、いつもの森友・加計問題の質問だけで19分間の質問時間を使い尽くし、過去の予算委員会でのやりとりを繰り返しただけに終わった。続いて討論に立った玉木氏は開口一番、「国会改革をぜひやりたい」と、それまでの野党共闘路線から転換し、対決よりも提案を重視する姿勢に転換。ライブ中継していた動画サイトでは「見直した」「いいぞ」と玉木氏を応援するコメントが相次いだ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。