2018年06月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】来春決まる新元号、時代を象徴する漢字は…

政府は来年5月1日の皇位継承に伴う新元号の公表時期について、1か月前を想定して行政システムの改修などをする方針を固めた。
 
改元に際しては、4段階の過程で候補が絞られていく。①数人の有識者に委嘱し候補名を絞り込む、②官房長官が検討し総理大臣に報告、③官房長官と内閣法制局長官らによる会議の原案として数個を選び、閣議で協議し衆参両院の正副議長の意見を聞く、④政令を閣議決定し、新元号が決まる――といった流れだ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。