2018年07月22日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

「増えすぎたり、少なすぎたり、宮家の盛衰と先人の苦労」   村田春樹

「増えすぎたり、少なすぎたり、宮家の盛衰と先人の苦労」
 
村田春樹

 
平成28年8月8日の陛下のビデオ放映、譲位のおことばに関して、同年10月号から先月号まで18回にわたり述べてきた。もう決まったことなのでとやかく言っても詮ないので、話題を元に戻したい。平成28年10月号11月号は皇位継承の歴史について「多すぎたり少なすぎたり、苦慮してきた先人たち。」と題して述べてきた。その続きを今月号より再開したい。先ずこの二ヶ月分を大急ぎで振り返ってみよう。
 
増えすぎて困った古代平安時代には皇族が増加しすぎて、国家財政を圧迫するようになり、姓を賜って(賜姓)臣籍に降下するようになった。敏達天皇の五世(六世?)子孫の葛城王が天平勝宝二年(七五〇年)に、橘姓を賜って臣下となり、橘諸兄を名乗ったのをその嚆矢とする。桓武天皇の孫高望王が平姓を賜って平高望となった。桓武平氏の始祖である。その後、清和天皇の孫経基王が源姓を賜って清和源氏の始祖となるなど、続々と臣籍に降下していったのである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。