2018年05月25日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

なるほど納得政経塾㉑ 「仮想通貨について」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

なるほど納得政経塾㉑
「仮想通貨について」

神奈川大学経済学部教授
経済学博士 小山和伸

 
 今回は、今話題になっている仮想通貨について解説してみたいと思う。簡単にその歴史を辿り、その本質に迫ってみよう。仮想通貨は、英語表記でvirtual currency と言われ、実質的な通貨と捉えられている。しかし、本当の貨幣のように国家が保証するものではなく、その価値の基盤は極めて流動的である。
 
 さらに、現在の仮想通貨はインターネット等の電子媒体によってやりとりされるため、ハッカー等の攻撃にさらされやすく、最近話題になっている巨額通貨の流出・窃盗事件などのリスクも負っている。その歴史は浅く、電子マネーとしての仮想通貨の出現は、たかだか10年くらい前にすぎない。
リスク回避のための安全管理技術は、現在通貨交換業者を中心に進められているが、その実態は未だ試行錯誤の最中にあると言って良い。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。