2018年05月25日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

既に有事である 荒木和博

既に有事である
荒木和博

 
 2月2日、石川に行って漂着・漂流船の現場を見てきました。行った場所は次の5か所です。
 
(1)白山市美川灯台 1月5日に7キロ沖合に漂流船
(2)金沢市安原海岸 1月10日漂着船 船内に遺体7体、15メートル離れたところに遺体1体
(3)羽咋市千里浜 漂着船
(4)志賀町西浦千ノ浦海士崎灯台の南200メートル 1月24日漂着船
(5)志賀町百浦海岸 12月23日漂着船
 
 (1)は場所の確認だけ、(3)は船にブルーシートがかけられ釘で固定されていたため(どこかのお役所がやったと思われます)船体の確認はできず、(5)はちょうどこの日の昼解体撤去されており見ることができませんでしたが、(2)と(4)は現物を見ることができました。漂着船は写真ではずいぶん見てきましたがおそらく現物を見ないと実感できないであろう感覚、ぞっとするようなものを感じました。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。