2018年05月25日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

なるほど納得政経塾⑳ 「経済発展と無知の進行」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

なるほど納得政経塾⑳
「経済発展と無知の進行」
神奈川大学経済学部教授
経済学博士 小山和伸

 
 前回において、社会的分業の進展が経済発展をもたらすプロセスについて説明したが、今回はこの分業の進展が我々の無知を進行させているという、皮肉な現象について考えてみよう。
 
 前回説明したように、分業が経済発展を促進させる第一の理由は、分業によって特定の人々が特定の仕事に特化すると、そのために異質な仕事に携わる手間や煩わしさを避けることができるからである。第二の理由は、特定の人々が特定の仕事にだけ関わっていると、特定の種類の仕事を繰り返す回数が増えるために技能が向上し、より効率的に上質な仕事をやり遂げることが出来るようになるからである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。