2018年07月24日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

『アメリカ人が語る:アメリカが隠しておきたい日本の歴史』(英訳)概説 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

『アメリカ人が語る:アメリカが隠しておきたい日本の歴史』(英訳)概説
「史実を世界に発信する会」茂木弘道

 
『アメリカ人が語る:アメリカが隠しておきたい日本の歴史』(英訳)概説
An American Speaks: The Japanese History That Some Want Hidden
マックス・フォン・シューラ―著(ハート出版)
評者:Tadashi Hama

 
原書はバイリンガル書です。パラグラフごとに英訳がつくという形式になっています。書評は、英語で書かれたものをここでは、日本語訳してご紹介します。
英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/An-American-SpeaksReview.pdf
日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/American.pdf
原著者のマックス・フォン・シューラ―氏はドイツ系アメリカ人で。海兵隊員として来日し、その後日本に40年間以上滞在している歴史研究家です。
 本書の主要テーマは、2つあり、その一つは戦前の日本の隠蔽された歴史であり、もう一つは日本と韓国との関係です。
 戦前の日本側の歴史は現代の歴史学ではことさら無視され、日本が「侵略戦争」を行い、米国は正義のために「侵略者」日本を壊滅させたという歴史観が守られています。しかしその実態は全く異なるものであることを著者はチャールズ・リンドバークの”The War Time Journal”も参考文献にあげ、詳述しています。また、米軍はホノルルのスホテルストリートに州政府と警察と協力して売春宿を運営していたこと、また日本占領時に売春宿をつくらせたことなども遠慮なく指摘しています。
 現在の日韓関係の緊張状態に発展したのは、韓国人の思考方式のその原因があることを詳しく説明しています。しかし、たいていの批評家は日本人、外国人を問わず、こうした韓国人の異様な態度には目を向けずに日本に非を鳴らすばかりで、フォン・シューラ―氏のような洞察力のある批評家の少ないことを評者は嘆いています。
 
平成29年12月27日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道
http://hassin.org
 
<Book Review>
An American Speaks: The Japanese History That Some Want Hidden
Max von Schuler
Hart Publishers (Tokyo), 2016
Reviewed by Tadashi Hama
 
A German-American Max von Schuler came to Japan as a soldier of Marine Corps stayed in Japan over forty years.
There are two main themes in Von Schuler’s bilingual book. One theme, as suggested by the title, is the over-looked—perhaps “hidden”—history of pre-war Japan. While history is a collection of views, Von Schuler points out that the pre-war Japanese point of view has been studiously shunned in modern histories as they do not serve to bolster the American narrative—that Japan waged a “war of aggression” and America destroyed “aggressive” Japan for the sake of justice.
The second main theme von Shuler explores is the relationship between Japan and South Korea, one that could be characterized as Japanese reaction to constant Korean anti-Japan badgering based on—again—a mythical history. Von Schuler points out that neither Korea nor the US can claim the moral high ground when one objectively looks into their pasts. It is the right of people to coalesce around a common history which gives them a common sense of purpose and identity. However, the current book suggests that dogmatic faith in a mythical history is leading both Korea and the US down a self-destructive path. While von Schuler focuses on the relationship between Japan, South Korea and the US, upon reflection, his themes could be applicable elsewhere, such as to China.
 
Book Review: HTML: http://www.sdh-fact.com/review-article/1104/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/An-American-SpeaksReview.pdf
 
MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact