2017年12月17日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

天皇御製に学ぶ 第十七回 四宮正貴

天皇御製に学ぶ 第十七回
四宮正貴
 

明治天皇御製
 
明治三十七年
あさみどり 澄みわたりたる 大空の 広きをおのが 心ともがな
 
明治四十二年
さしのぼる 朝日のごとく さはやかに もたまほしきは心なりけり
 
日本人の倫理道徳の根本は、「清明心(曇りなく・清らけき心・明らけき心)」「正直」「まこと」「無私」にある。そして、祭り主日本天皇は、「清明心」「無私」の體現者であらせられる。明治天皇のこの二首の御製は、その「清明心」を高らかに歌はれた御歌であると拝する。
「清明心」は、日本の倫理思想の根本であり、日本人の心と生活の中に力強く生きてゐる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。