2017年10月18日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

連載第17回 逮捕の思い出 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

連載第17回 逮捕の思い出
野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 
 「北京に連れて行かれるかもしれない。覚悟しろ。」
この一言で私はこれから先を決意した。
これから、電気棒チリチリが始まる。勤務先では大騒ぎになるだろう。私の愛猫達をかかえ、ペットシッターさんが戸惑って猫シェルターに駆け込むに違いない。色々なことを想像した。
とりあえず、猫が飢え死にしたら可哀そうなので、ペットシッターさんに車の中から電話をして、よろしくお願いします、と悲壮にお願いした。
勤務している学校にも電話したら、仲良しの女性教員がちょうど窓口に出た。
「え、ホントー?わー」と彼女は叫び、「大変、大変、野牧さんが中国で捕まっちゃったんだって」と大声でまわりのみなに知らせているのが聞こえた。
 
 夫は「電話をしまえ。取り上げられるぞ。」と小声で言った。
私は夫に、私達を捕まえた中国人達の悪口を次々に喋った。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。