2017年09月20日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

天皇御製に学ぶ 第十五回 四宮正貴

天皇御製に学ぶ 第十五回
四宮正貴
 

天武天皇御製
 
みよしのの 耳我(みみが)の峯に 時なくぞ 雪はふりける 間(ま)なくぞ 雨はふりける その雪の 時なきがごと その雨の 間なきがごと 隈(くま)もおちず 思ひつつぞ來る その山道を
 
 
 第四十代・天武天皇の御製。天武天皇は、天智天皇の弟君であられ、天智天皇が断行された大化改新に協力された。大化改新当時は十五歳くらいの青年皇族であられ、大海人皇子と申し上げた。
 【みよしの】ミは接頭語。【吉野】奈良県吉野郡。ただし『萬葉集』では吉野川流域の吉野町宮滝を中心とした一帯を言ふ。斉明天皇・天武天皇・持統天皇の離宮があったのもこのあたりと言はれる。【耳我の峯】所在不詳。吉野山の金峰山あたり、或いは飛鳥から吉野に至る途中にある峰かとする説あり。【時なくぞ】絶え間なく。【間なくぞ】休みなく。【隈】もののすみ、入り込んだ場所、奥まってものかげになった所。この場合は道の曲がり角のこと。【おちず】欠けることなく・もらすことなく。
 
 通釈は、「み吉野の耳我の峯に絶え間なく雪は降ってゐる。休みなく雨は降ってゐる。その雪がやむ時もないやうに、その雨が絶え間がないやうに、道の曲がり角ごとに思ひに沈みながら来たことだなあ、その山道を」。
 
 「思ひつつぞ來る その山道を」がこの御歌の大事なところである。
天武天皇は、一体何を思ってをられたのであらうか。読む人にずっしりとした重い感覚を持たせる言葉である。
恋人を思って吉野の山を登ってゐると解釈できないことはないが、それにしては歌全体があまりにも暗鬱である。よほど深いもの思ひをしてをられるのである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。