2017年08月19日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

天皇御製に学ぶ 第十三回 四宮正貴

天皇御製に学ぶ 第十三回
四宮正貴

大正天皇御製並びに御製詩 
 大正四年
 刀
磨きあげし つるぎを床に かざらせて 明暮に身の 守りとぞする

大正天皇御製詩 
大正四年

 古ヨリ神州寶刀ヲ産ス
 男兒意氣佩ビ來リテ豪ナリ
 能ク妖氛ヲ一掃シ盡クサシメ
 四海同ジク看ン天日ノ高キヲ

(わが神国日本は神代より宝刀を産して来た。日本男児の意気は日本刀を佩びて勇ましく、妖気を一掃しつくさしめ、高く昇った天日を四海の人々は同じやうに見るであらう、といふほどの意)

 わが國の武士は太刀を「力と勇気と名誉と忠誠の表徴」として尊んだ。そればかりでなく太刀は神聖なものとして尊ばれた。太刀を御神体とする神社もある。
 
 日本武尊が「床の辺に 吾が置きし つるぎの大刀」と歌ってをられるやうに、太刀は床の間に置かれた。太刀に対する侮辱はその太刀の持ち主に対する侮辱とされた。刀鍛冶は単なる工人ではなく、神聖なる職に従事するものであった。刀鍛冶は斎戒沐浴して工を始めた。太刀を作ることは神聖な宗教的行事とされた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。