2017年08月21日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

日本への回帰 万世一系の天皇3 展転社編集長 荒岩宏奨

日本への回帰   万世一系の天皇3

展転社編集長 荒岩宏奨

神剣

 神剣は「草薙(くさなぎの)剣」と申し上げる。
 
 須佐之男命(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したとき、八岐大蛇の尾から出てきたのが草薙の剣だ。このとき、剣に雲がかかっていたことから、最初は「天叢雲(あまのむらくもの)剣」と呼ばれていた。
 
 天叢雲剣は、須佐之男命から天照大御神に献上された。そして、神剣も神鏡と同様に、天孫降臨のときに邇邇芸命(ににぎのみこと)とともに天降(あも)りあそばされたのである。
 
 その後、崇神天皇の御代に神鏡とともに神剣も皇居をお出ましになり、伊勢にご鎮まりあそばすこととなった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。