2017年06月23日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

歴代天皇の詔勅謹解 第八回 「第十四代仲哀天皇・第十五代応神天皇の詔勅」 御所市議会議員 杉本延博

 今回は、第十四代仲哀天皇、第十五代応神天皇の詔勅を謹解してまいります。

 第十四代仲哀天皇

 ○父王追慕の爲白鳥を貢らしめ給ふの詔  元年十一月一日 『日本書紀』

朕未だ弱冠に逮らずして、父王卽に崩りたまふ。乃ち神靈白鳥に化りて天に上りたまふ。仰望びまつる情、一日も息むこと勿し。是を以て冀はくは白鳥を獲て陵の域の池に養はむ。因りて以て其の鳥を覩て顧びまつる情を慰めむと欲す。

  父王(日本武尊)の陵墓の池に白鳥を飼育して、父皇子・日本武尊の御神霊を偲びたい御心を仰せになられた詔であります。

 そして諸国に白鳥を献上するように命ぜられました。この年の十一月四日、越の国より白鳥四羽を献上されたことが『日本書紀』に記されています。 

 大意は「私がまだ成人していないときに、父皇子が既に薨去なされていた。神霊は白鳥となり天に上がっていった。仰ぎ思う心は一日も休むことがない。ここで願いとしては、白鳥を陵墓の池で養い、その白鳥を見ながら父皇子を偲ぶ心を慰めたいと思う。」であります。

 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。