2017年10月22日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

天皇御製に学ぶ 第十二回 昭和天皇が吉田茂氏に賜りし御製 四宮正貴


天皇御製に学ぶ 第十二回

四宮正貴

昭和天皇が吉田茂氏に賜りし御製

昭和天皇は昭和三十年に次のような御歌を詠ませられた。

「小田原に往復の折、吉田茂元首相の家の前を通りて詠める 往きかへり 枝折戸を見て 思ひけり しばし相見ぬ あるじいかにと」

吉田茂氏は、昭和二十九年十二月七日に、いはゆる「造船疑獄」そしてそれに関はる「指揮権発動」などが原因となり、総理大臣を辞任し、翌日に自由党総裁も辞任した。昭和三十年の自由民主党結成に当初参加せず、佐藤栄作氏らと共に無所属となった。つまり昭和三十年は失意のうちにあった年である。その時、昭和天皇よりこの御製を賜ったのである。吉田氏のよろこびは如何ばかりであったらうか。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。