2017年09月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

天皇御製に学ぶ 第十回 四宮正貴


天皇御製に学ぶ 第十回

四宮正貴

 

天武天皇の吉野讃歌

天皇、吉野宮に幸(みゆき)しし時の御製の歌

「淑(よ)き人の よしとよく見て よしと言(い)ひし 芳野よく見よ よき人よく見つ」

 

 天武天皇が天武天皇八年(六七九)陰暦五月五日に吉野に行幸されて吉野を讃へられた御歌。この時の行幸には、草壁皇子・大津皇子・高市皇子・川島皇子・忍壁皇子・芝基皇子らが従はれたといふ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。