天皇御製に学ぶ 第九回 今上陛下の御製を拝し奉りて 四宮正貴

天皇御製に学ぶ 第九回

今上陛下の御製を拝し奉りて

四宮正貴

 

平成二年 大嘗祭

父君の にひなめまつり しのびつつ 我がおほにへの まつり行なふ 

平成十七年 歳旦祭
明け初むる 賢所の 庭の面は 雪積む中に かがり火赤し

今上天皇が「祭」について詠ませられた御製を掲げさせていただいた。

これらの御製は全て、皇居のおける祭祀の御事を詠ませられている。宮中三殿において、天皇のみ祭りが行われている。皇居は、明治維新前までは、徳川将軍家の居城であったとしても、今日は、まことに以て神聖不可侵の聖域である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。