2017年06月25日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

初揺るぎなき国体(十一) 神武天皇の肇国

初揺るぎなき国体(十一)

神武天皇の肇国

展転社編集長 荒岩宏奨

 

代神武天皇の鳥見山の大祭

 天照大御神の神勅を賜つて地上に降臨したのは邇邇芸命(ににぎのみこと)である。しかし、邇邇芸命はニニギノ「スメラミコト(注1)」ではない。すなはち、天皇ではないといふことである。初代の天皇は神倭伊波礼毘古命(かむやまといはれびこのみこと)、すなはち神武天皇なのだ。すると、天孫降臨時の神勅と関はりのある初代神武天皇のご事績を探ることにより、国体とは何かが判明するのではないだらうかと私は考へる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。