2017年07月26日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

「筆は剣よりも危うし」 ますらをの悲しきいのち積み重ね積み重ね護る大和島根を(三井甲之)

ますらをの悲しきいのち積み重ね積み重ね護る大和島根を(三井甲之)

 

新しい年を迎えて、まず三井甲之の和歌を紹介する。

 「筆は剣よりも危うし」は全文、僕の考えだけで書いている。年月日や人名地名などは参考資料を調べるが、内容については自分自身で考えたものだ。かつて褒められた拙稿があったが、それは何の文献も資料もない環境で書き上げたものだった。それ以来、偉い先生の論文や評論は参考にしていない。できるだけ読まないようにしてきた。人間の考えることだから、似たような考えがあるのは当然だろう。また学生時代より今日まで多くの良師に恵まれてきたから、影響を与えているものは多々ある。破門になっても可笑しくない不肖の弟子だから、誤って理解して身についてしまったものもあるだろう。

 拙稿のような駄文というか、悪文というか、掲載してくれる『やまと新聞』には感謝している。言論機関として、僕の言論の自由を尊重してくれている。筆が滑るどころか、飛んでいってしまうこともあるだろう。不忠や不敬な表現だと不快になる読者もいるかも知れないが、全て僕の責任である。筆の力がないため、思いばかり先走り、適切な表現ができないのだ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。