2017年06月24日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

佐波優子・私のライフスタイル3

やまと新聞コラム識者に聞く

「佐波優子さんが実践した英単語暗記の攻略方法とは?」

―土屋: 佐波優子さんの、偏差値28からの慶應大学受験インタビューも3回目となりましたね。今回も宜しくお願いします。

佐波: 宜しくお願いします。

―土屋:やまと新聞Web版は社会人の読者の方が多いので、このシリーズは現役高校生の大学受験というよりも、社会人が仕事と勉強をどう両立できるかということを軸に聞いていきたいと思っています。佐波さんもキャスターやジャーナリストの仕事で超多忙な中での受験勉強でしたよね。

 現役高校生の受験生に比べるとまとまった勉強時間が取りにくかったと思います。今回は英語の勉強の中でも相当時間がかかる英単語の暗記方法についてお聞きします。

佐波 単語の暗記は苦しいですよね。私も単語を覚えないと全く英語が読めませんでした。

―土屋 受験生はみんな苦しむ道です。

佐波:暗記方法は色々な方法がありますね。例えば、1つの英単語を覚えるまで何度も書く方法です。1日20個とか30個とかノルマを決めてやる。他には、とにかく声に出して何度も言うことで、口と耳で覚える方法もありますね。

―土屋 どちらも重要だ。

佐波:私は最初はそれらを組み合わせて、単語を目で見ながら手で紙に書き、同時に言葉で発音して耳で聞くという方法をやってみたんです。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。