2017年10月18日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

西澤貞夫 つれづれ山河 第二十八回

西からの桜前線も日々北に移り、 スポーツ界もサッカーに野球にゴルフに楽しみの時期である。 女子サッカーのスターがスーパースターからサイン入りのユニホームを戴き 感謝の言葉より「 スゲー、 スゲー」 の連発 。

日本のゴルフ界のスターが帽子から髪がはみ出てのプレーの姿は違和感を覚える。CMに出演のためか、本業の上位結果が少ない。真剣なプレーに、 さわやかなコメント故に拍手していたが、 この面を見ると応援の気持ちが薄らいでいく。 プロ野球の選手で長髪で、 ひげを伸ばし神聖な仕事場のグランドにツバを吐きてのプレーは憤怒を覚える。どこの職場で職場にツバを吐く職場があろうか。 テレビのカメラは、絶対にそんな選手を映すべきでない。

上司、先輩は仕事には厳しく、使用済みの紙も裏面が白なら使え!

短くなった鉛筆はキャプで補給しろ !人のいない部屋の電灯は消せ !

しかし、 余裕のある時、 いろいろな話を教えてくれた。

「雀を捕ったことがあるか、 雀を簡単に取る方法を教える。 しゃもじを黒く塗り、 その上に米粒を置く、 これを1週間やる。 次に手を黒く塗り米粒を置く、 好きなだけ捕れる」 また、「 米粒に酒にしたして1日置き、それをしゃもじの上に置くと酔っ払ってフラフラになって寝てしまうから、拾い集めればいい」 その先輩も給与の少ない時に「 ボーナス (賞与)が入ったらゆで卵を腹一杯食べる」 と回想をした。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。