2017年08月17日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

西澤貞夫 つれづれ山河 第四十二回

このごろの季節は天にエアコンのスイッチがあるがごとくに、一気に冷え込むから季節に追われて過ごしている。小学5年生の時に「将来は何になりたいか」の作文に、男子は「学校の先生(教師)になりたい」「バスの運転手になりたい」女子は「学校の先生(教師)になりたい」「看護婦になりたい」と身近な人が目標で、私はテレビで放映していた「ベンケーシー」から「大人になったら、外人になりたい」背は高く、(足が長く)、カッコよく、目はグリーンで、髪を決め、人のために活躍する医師が夢で、早く大人になりたい。とまとめ、その発表が父兄参観日で、「私の夢」は同級生から父兄から大いに笑われたが、夢であり、目標ではなかった。参列をしていた校長先生が、終了後に参加の母と校長室に呼ばれ、『良い夢です、邁進してください』と、学生生活でただ一度だけお褒めをいただいた時であった。

都道府県、市区町村で3万8000余の議員がいて、時の人、時の事での質問に「答弁させていただきます」また歌手は歌うのが仕事で番組に出ているのに「歌わせていただきます」そして駅のホームでは電車の「ドアを閉めさせていただきます」などは似非(えせ)敬語すぎる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。