2017年07月28日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

佐波優子 私のライフスタイル13 「わざと焦った状況で問題を解くように自分を追い込んでみる」

佐波優子 私のライフスタイル13 

「わざと焦った状況で問題を解くように自分を追い込んでみる」

 

土屋:佐波さんの偏差値28からの慶應大学合格体験記。今回も宜しくお願い致します。

佐波:宜しくお願い致します。

土屋:さあ、センター試験が終わりましたね。今年も新聞で問題が掲載されていました。佐波さんも見ました?

佐波:見ました&解きました!

土屋:え、本当?本当に解いてる人いるんだ(笑)。どうだった?

佐波:世界史は変わらずほぼ正解できました。

土屋:佐波さんには、うちの別枠で世界史の連載(「世界史から紐解く日本!」)もしてもらってるもんね。他はどうだったの?

佐波:英語は、センター受験した2年前に比べて正直相当落ちていました。現代文も僅かに落ちていましたね。

土屋:やっぱり現役で受験している頃に比べたら解けなくなるものだよね。さて、今大学受験では私大が本番、国立の二次も近づいてきているし、受験生にとっては一番大変な時期だと思う。僕も塾を経営していた頃はこの時期が一番精神的にストレスがたまる時期ですね。生徒たちも志望校選択が(これで)いいのか。成績が不安定な生徒は試験に敏感になって問題を解くことに不安、自信が亡くなるとかの悩みを打ち明けてくれてね。

佐波:土屋先生はどう答えてたんですか?

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。