2017年09月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

佐波優子・私のライフスタイル7「佐波優子さんが世界史受験をした理由とは?」

やまと新聞コラム識者

「佐波優子さんが世界史受験をした理由とは?」

image12007―土屋:佐波優子さんの偏差値28からの慶應大学合格体験記、今回は英語以外の科目について聞いて行きたいと思っています。宜しくお願いします。

佐波:宜しくお願いします。

―土屋:受験科目は英語以外にも、社会科がありますよね。佐波さんは社会科は何の科目で受験したんですか?

佐波:私は世界史を選択しました。

―土屋:へえ~、意外です。僕の周りでも歴史が大好きという女性が多いんですが、全員日本史の歴女です(笑)佐波さんは世界史を選択したんですね。

佐波:はい。私の合格したSFC(湘南藤沢キャンパス)では受験科目は英語と小論文だけだったのですが、他に受けた学部では社会科も受験科目だったので、勉強していました。

―土屋:でも、なんで世界史なの?佐波さんは先の大戦で戦死した日本の兵士の遺骨収容を行ったり、戦史を勉強していたりと、日本史の方が好きなんじゃないんですか?

佐波:私が世界史を選んだのは、世界を知ればより日本のことを知ることができるのではないかと思ったんです。例えば、土屋先生、でっかい世界の白地図を2枚思い浮かべてください。1枚は日本史用で、2枚目は世界史用です。

―土屋:うん、思い浮かべました。でっかい二枚の世界の白地図を。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。