2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

 「とおる雑言」


民社人生に悔いなし 第五回 「『自由、公正、友愛』を」 元民社党広報局次長 寺井 融

 昭和三十五年に民社党が誕生して、乱闘国会がなくなり、議会制民主主義が定着してきました。国家の安全保障についても議論が進んだ。福祉政策も前進したし、元号法制化、「昭和の日」の制定、国鉄民営化も実現した。「功」はたくさんあ […]


民社人生に悔いなし 第四回「民社は〝同志の党〟」 元民社党広報局次長 寺井 融

 民社党が、福祉国家の建設を主張したとき、自民党は福祉国家で怠け者をつくると批判し、社共両党は資本家に飴をしゃぶらせてもらうだけだと酷評したものです。後に、どの党も福祉政策を唱えるようになりましたが…。  「お産に健康保 […]


民社人生に悔いなし 第三回「民社党本部に入る」元民社党広報局次長 寺井 融

 民社党本部から来ないか、と言われたので、就職試験も面接だけで、大学卒業と同時に党本部に入りました。父は「会社に入って、まず仕事で信頼されて労働運動をやって、その代表として政治をする手もあるぞ」と言われたのですが。言うこ […]


 民社人生に悔いなし 第二回「民社学同結成に参画」 元民社党広報局次長  寺井 融

 大学に入ったら、大荒れでした。いわゆる学園紛争の時代です。  ゲバ棒を振るっていたクラスメイトでも、大企業に就職しました。そして「資本主義の総本山に入って、反戦青年委員会を作って、中からがたがた言わせるんだ」と意気軒昂 […]


民社人生に悔いなし 第一回「小6で民社好きに」 元民社党広報局次長 大学講師 寺井 融

 北海道出身です。斜里郡小清水(しゃりぐんこしみず)町生まれですが、小中高と札幌で育ちました。小学生の頃、父は中小企業勤めでした。貧しい暮らしで、一般の家は雪国ですのでトタン屋根でしたが、わが家は柾葺き。水道もなくてポン […]