2018年07月16日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

7月 2018

15日、立憲民主党の菅直人元首相が、ブログやSNS上で、西日本豪雨に対する安倍政権の対応を批判した。 菅氏は、15日午前に自身のブログを更新。 その中で「今回の豪雨災害に対する安倍総理の対応を見ていて、本当に安倍総理に危 […]


日本への回帰 さまざまな改元の方法 展転社編集長 荒岩宏奨

 一世一元の制  来年は譲位による御代替わりがあり、即位の礼や大嘗祭などさまざまな儀式が執り行われることとなる。国民生活と一番密着しているのは、改元ではないだろうか。そこで元号について確認しておきたい。 元号の発祥は支那 […]



【論説】西日本豪雨で指定へ、近年急増する激甚災害

 安倍首相は7月11日、西日本豪雨の被災地である岡山県内を視察し、激甚災害指定を迅速に行う考えを明らかにした。激甚災害に指定されると、被災自治体の復旧事業への国の補助率が通常の7、8割程度から最大9割程度、つまり1割から […]



【論説】タトゥーを入れるとサッカーが下手になる?

 タトゥーが多い――この数年、海外サッカー選手を見ていて気になっていたことだが、今回のワールドカップ・ロシア大会でリオメル・メッシやネイマールといった選手が映る度に、全身を網羅する墨を見ていて、やっぱり多いなと。 反社会 […]



【論説】裏口入学を疑われた学生はどうなるのか

 文部科学省の科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)が、私立大学の支援事業で東京医科大学に便宜を図る見返りに同大を受験した息子を合格させたとして、受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。 2018年度の東京医大 […]


菅官房長官、気象庁と地方自治体の防災連携検証する考え明らかに「ここ数年、従来と桁違いの豪雨被害が繰り返し発生している」

菅義偉官房長官は、11日午前に行われた定例会見で、ここ数年、豪雨による甚大な被害が繰り返し発生していることを受けて、災害救助対応が落ち着いた段階で、気象庁と地方自治体の防災情報に関する連携について検証する考えを明らかにし […]



【論説】国益よりもパフォーマンス優先する立憲民主党

  近く内閣不信任決議案を提出する予定の立憲民主党の辻元清美国対委員長が、「いつ出すか、タイミングだけだ。一番嫌なときに(不信任案を)出さないと気が済まない」と、国民の代表である立場を忘れて、パフォーマンスや個人的な感情 […]


「とおる雑言」 出版社は生き残りに懸命 寺井 融 アジア母子福祉協会監事 

出版界は、明らかに衰退の道をたどっている。書籍、月刊誌、週刊誌、コミック、文庫と、いずれの発効部数も年々減っている。かつて三万軒もあった本屋も、いまは一万二千軒になったと聞く。 小学校で「読書感想文を書かせるから、本嫌い […]




【論説】私怨に満ちた朝日と週ポスの記事

 7月2日発売の週刊ポストが、有力紙信頼度ランキングで「朝日は最下位」という記事をトップニュースで報じている。オックスフォード大の研究所が毎年行っている国際メディア調査の最新版で、1位が日経、2位地方紙、3位読売、4位産 […]


【論説】民主主義を壊す野党の審議拒否

 時事通信などの報道によると、安倍首相は3日夜に自民党国対幹部らと行った会食で、国会での憲法改正論議について、「立憲民主党と共産党がいる限り全会一致の議論は無理だ」と語ったという。 実際のところ、衆院憲法審査会では立憲民 […]



なぜ代議士が衆院議員だけを表すのか

 ドラマなどで「代議士」という言葉が用いられる影響からか、「代議士は国会議員の代名詞」と勘違いしている人は多い。衆議院議員だけを指し、参議院議員は含まれないが、なぜこのような呼び名があるのだろうか?



【論説】最近の若造は…文句なしに立派です

 平昌五輪で連覇を達成したフィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)が2日、官邸で国民栄誉賞の授与式に臨んだ。羽生は紋付き袴姿の正装で、安倍首相から表彰状と盾を受け取り、記念品は辞退した。記念品辞退について、「みなさま […]