2017年12月17日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

12月 2017


緊急報告集会 軍艦島は監獄島ではない

緊急報告集会軍艦島は監獄島ではない (12月19日(火)6:30~)  「捏造の歴史」により日本人の誇りが奪われています先日、韓国・ソウルを走る路線バスの座席に慰安婦像が設置されました。「ミニチュア慰安婦像」を大量生産す […]


民進、党建て直し方策まとまらず

14日、民進党は、党本部において、両院議員懇談会を開催し、13日の常任幹事会で了承された、党の戦略・組織・運営に関する改革本部の中間報告について議論したが、意見がまとまらなかった。


《ストップ・ザ・左翼政局》  意地でも教育勅語を否定したい左翼学者   フリーライター・元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫

《ストップ・ザ・左翼政局》  意地でも教育勅語を否定したい左翼学者 フリーライター・元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫  東京新聞(12月13日付)によると、日本教育学会は「教育勅語を教育現場で肯定的に扱うことは否定されな […]




日韓・韓日議連共同宣言採択 慰安婦問題や、外国人参政権問題で日本側大幅譲歩 背景に幹部議員の自虐史観

11日、超党派議連、日韓議員連盟(額賀福四郎会長)と韓日議員連盟(姜昌一【カン・チャンイル】会長)は、国会内で合同総会を開催し、慰安婦問題や、永住外国人の地方参政権付与について、日本側が、韓国側に対し、大幅に譲歩した文言 […]



「とおる雑言」 面妖な話にお手軽な〝手打ち〟 寺井 融 アジア母子福祉協会監事 

「とおる雑言」面妖な話にお手軽な〝手打ち〟寺井 融アジア母子福祉協会監事   希望の党は、役職を決定した。〝創業〟メンバーを、その主要ポストから外している。「連合が、民進党を早期に離党した細野豪志氏ほかの起用に反対したか […]



無所属の会・岡田代表「北朝鮮への先制攻撃の可能性排除しない米国を、日本政府が、『高く評価する』『一貫して支持する』というのはおかしい」

6日、無所属の会・岡田克也代表は、日本政府に対し、緊張が高まる北朝鮮情勢を巡り、トランプ米大統領の、「(北朝鮮との交渉において、)全ての選択肢は、テーブルの上にある」との発言について、「一貫して支持」「高く評価する」との […]


【資料】自民党・アジア健康構想推進提言

6日、自民党本部で開かれた、国際保健医療戦略特命委員会・関係部会合同会議で配布された資料を、やまと新聞会員向けに公開する。 資料には、同委員会がまとめた提言が含まれている。 提言では、本年11月施行の、「外国人の技能実習 […]



天皇御製に学ぶ 第十七回 四宮正貴

天皇御製に学ぶ 第十七回四宮正貴  明治天皇御製  明治三十七年あさみどり 澄みわたりたる 大空の 広きをおのが 心ともがな  明治四十二年さしのぼる 朝日のごとく さはやかに もたまほしきは心なりけり  日本人の倫理道 […]


「セキュリティこそ我が原点」⑥ 東京シティは、ギッテレとシンナー天国!(中編)   地域セキュリティアドバイザー 栗林寿行

「セキュリティこそ我が原点」⑥東京シティは、ギッテレとシンナー天国!(中編) 地域セキュリティアドバイザー栗林寿行  新宿は、日本を代表する繁華街だ。新宿駅を中心に、比較的ビジネス街的存在の西口方面と、日本最大の歓楽街歌 […]


参議院で北朝鮮抗議決議、全会一致で採択

4日、参議院本会議において、先月29日に、ICBM級とみられる弾道ミサイルを発射した北朝鮮に抗議する決議が、全会一致で採択された。 決議では、北朝鮮による弾道ミサイル発射は、関連する安保理決議や、日朝平壌宣言に違反し、六 […]


マリの喫茶室(12) キョンⅡ

マリの喫茶室(12) キョンⅡ   【キョン捕獲チーム】今年(2017年)6月に小池都知事が、大島の「キョン捕獲チーム」を結成すると発表し、チーム名を公募したことは、このコーナーで紹介した。  キョンは、小型の鹿で外来種 […]


なるほど納得政経塾⑱ 「無知と文明のパラドクス」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

なるほど納得政経塾⑱「無知と文明のパラドクス」 神奈川大学経済学部教授経済学博士 小山和伸   今回は、拙書『無知と文明のパラドクス』(小山和伸著 晃洋書房 2017年)に基づきながら、人類の文明社会の発祥と発展について […]



これでは中国の代弁!台湾を中国領土と誤記する岩波『広辞苑』は訂正を   台湾研究フォーラム会長 永山英樹

これでは中国の代弁! 台湾を中国領土と誤記する岩波『広辞苑』は訂正を  台湾研究フォーラム会長 永山英樹   「台湾は中国領土の不可分の一部」とする中国の「一つの中国」の主張・宣伝はフィクションである。ところが日本では、 […]