2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

8月 2017


日本維新の会足立康史議員 弾道ミサイルに対する抑止力としての敵基地攻撃能力保持について国会での議論呼びかける

30日、衆議院安全保障委員会の閉会中審査が行われ、日本維新の会・足立康史議員は、日本の弾道ミサイルからの防衛システムの穴について指摘した上で、北朝鮮に対する抑止力となる、弾道ミサイル発射前の段階で敵基地を攻撃する能力の保 […]




北朝鮮ミサイル発射 日本領空通過 特定失踪者問題調査会荒木和博代表「北朝鮮破綻の間際、地面の上に1発撃ち込むとしたら日本しかかない」

29日朝、菅義偉官房長官は、北朝鮮西岸より弾道ミサイル1発が北東方向に向けて発射されたことを受けて緊急会見を開き、北海道の襟裳岬上空を通過し、襟裳岬の東約1180キロの太平洋上に落下したものと推定されると発表した。 我が […]


【告知】9.3大阪で田母神元航空幕僚長と西村眞悟前衆議院の講演会開催 田母神氏「日本国民、日本政府が情報戦で騙され、我々日本国民が一生懸命働いて貯めたお金をどんどん外国に持ち出される事態になっている」

9月3日、大阪市内で、田母神俊雄元航空幕僚長と西村眞悟前衆議院議員が講師を務める講演会が開催される。 テーマは「侵される日本」 田母神氏は、講演会開催にあたり、ビデオメッセージで次のように述べた。「日本は今重大な岐路に立 […]


西田昌司参院議員 日本は未だ米国の占領状態と指摘「北朝鮮とんでもない国だが、日本が学ぶべき点が多々ある」

自民党の西田昌司参議院議員は、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮について、「とんでもない国」とした上で、日本が北朝鮮から見習うべき点について自身の見解を述べた。 西田氏は、26日、京都市内で開かれた会合で、同日午前に北朝鮮が […]


萬葉古代史研究會

萬葉古代史研究會  弊社でコラム寄稿いただいている四宮正貴先生が講師となり『萬葉集』を勉強する會が開かれております。主要作品を鑑賞しつつ古代日本の歴史精神と美感覚を學んでおります。多くの方々の御出席をお待ちしております。 […]


維新松浪健太氏、民進・辻元清美氏と三つ巴の戦いを繰り広げる自民・大隈和英衆院議員「(自民党・安倍政権に対する)逆風少しは弱まった。(国政の課題について)さらに丁寧に説明責任を果たしたい」

21日の朝、大阪・高槻市内のある駅で、自民党の国会議員が、駅へ向かう人々に挨拶しながら活動報告のチラシを手渡そうとしていた。しかし、通勤を急ぐ人達はなかなかチラシを受け取らない。それでもこの国会議員は、数カ所に別れ手分け […]




「歴代天皇の詔勅謹解」第10回「第二十一代 雄略天皇、第二十三代 顕宗天皇、第二十四代 仁賢天皇、第二十五代 武烈天皇」御所市議会議員 杉本延博

 今回は、第二十一代・雄略天皇から第二十五代・武烈天皇までのみことのりを謹解してまいります。  第二十一代 雄略天皇  ○少子部連蜾蠃をして三諸岳の神を捉へしめ給ふの勅 七年七月三日 『日本書紀』 朕三諸岳の神の形を見む […]


民進・前原元外相の目に涙 代表選「最後のつもりで戦わなければいけない」「自民党とは違う、経済好循環の道筋を示すことが野党第一党の責任。これをやるために出馬する」

18日、京都市内で、民進党代表選に出馬を表明している前原誠司元外務大臣の決起集会が開かれた。前原氏は、今回の代表選について、「最後のつもりで戦わなければいけない」と覚悟を示した上で、高度経済成長期の成功体験をベースにした […]


加害者という責任回避 荒木和博

加害者という責任回避荒木和博   広島の平和記念公園にある石碑の碑文「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」は余りにも有名ですが、たびたび問題になるように、主語のない文で、誰が「繰り返」さないのかは定かではあ […]



民進・北神圭朗元首相補佐官、現執行部の国会運営や共産党との協力路線を厳しく批判2「共産党と、民進党のように常に内紛しているような党が組んだら、簡単に乗っ取られる」

【関連記事】民進・北神圭朗元首相補佐官、現執行部の国会運営や共産党との協力路線を厳しく批判1「赤いモルヒネを打ちたくなるときあるが、気持ちいいのは一瞬で、一旦手を出したら、骨の髄まで蝕まれてしまう」  さらに北神氏は、共 […]


民進・北神圭朗元首相補佐官、現執行部の国会運営や共産党との協力路線を厳しく批判1「赤いモルヒネを打ちたくなるときあるが、気持ちいいのは一瞬で、一旦手を出したら、骨の髄まで蝕まれてしまう」

【関連記事】民進・北神圭朗元首相補佐官、現執行部の国会運営や共産党との協力路線を厳しく批判2「共産党と、民進党のように常に内紛しているような党が組んだら、簡単に乗っ取られる」 17日、京都市内で、民進党代表選に出馬を表明 […]


呉文子「記憶の残照の中で」

呉文子「記憶の残照の中で」  「楽園の夢破れて」で、最初の段階で北朝鮮帰国事業の虚偽を告発した関貴星氏のご息女、呉文子氏の最新作「記憶の残照の中で」(社会評論社)が発行されました。 様々な音楽をはじめとする文化との出会い […]



第37回教育研究大会開催のお知らせ

第37回教育研究大会開催のお知らせ 「全国教育問題協議会」の第37回教育研究大会が開催されます。    日時  8月19日(土)13:00~   場所  自由民主会館 8階大ホール http://bb-building. […]