2017年08月20日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

7月 2016



<教科書で教えたい近現代史 第9回(最終回)>国際常識に向き合うこと 外交とは、血を流さない戦争! パワー・軍事力なしでは相手から譲歩を引き出せない

第2次大戦後の東西冷戦から、その終結とソ連の崩壊まで、日本では長期間にわたり「平和と民主主義」が、呪文のように唱えられてきた。 ところが「平和」とは何であるかについて、単に戦火が及ばないかのような単細胞的な思考が、当時か […]


8月27日、日韓財務対話 英国EU離脱問題、日韓通貨スワップ協定再開議題か 日韓合意は、日本国民の血税を、韓国に垂れ流すためのものではないか

27日、財務省は、8月27日に、韓国・ソウルにおいて、日韓財務対話を開催することを発表した。 日韓財務対話は、財務省と韓国企画財政部の幹部が参加し、両国経済の状況及び世界・地域経済の見通し等について意見交換を行うものだ。 […]


菅官房長官、中国政府から邦人男性拘束の通報あったことを明らかに スパイ容疑報道について「我が国政府はいかなる国に対しても、そういう活動には従事していない」

28日午前、菅官房長官は、定例会見で、中国で邦人男性が、中国当局に拘束されていることを明らかにしたうえで、一部報道で、スパイ行為に関与した疑いを持たれている可能性ありと伝えられていることについて、明確に否定した。



防衛最前線 第四回「中国の領土欲と南シナ海の攻防」 拓殖大学防災教育研究センター  副センター長・客員教授 濱口和久

防衛最前線 第四回「中国の領土欲と南シナ海の攻防」 拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター             副センター長・客員教授 濱口和久  オランダ・ハーグの仲裁裁判所は、南シナ海における中国の主 […]


自民谷垣幹事長「頸髄損傷」手術経過は順調も復帰めど立たず 症状に個人差あり場合によっては車椅子が必要に 

26日、自民党の細田幹事長代行は、党の役員会・役員連絡会で、谷垣貞一幹事長が、16日に自転車運転中に転倒、頸髄を損傷し手術を受けたこと、その後テレビで相撲を観戦するなど意識ははっきりしており、合併症はなく経過は順調である […]


<教科書で教えたい近現代史 第8回>  戦犯と靖国神社参拝についての質問趣意書 資料 「いわゆる戦犯」の名誉は法的に回復されている

   昨年平成27(2015)年は、第二次世界大戦終結70年目の年であり、極東軍事裁判(東京裁判)が開始されて70年目でもある。極東軍事裁判は、占領政策として行われ、かつ国際法に反するものであった。 日本と連合 […]


<教科書で教えたい近現代史 第7回>世界が驚愕、産業を興し近代国家へ 「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は、昨年平成27(2015)年7月5日、全会一致で「明治日本の産業革命遺産」(8県11市23施設)を世界産業遺産への登録を決定した。  しかし登録の過程で、韓国に世界遺産の […]


平成28年7月21日自民・外交部会配布資料

21日、自民党本部で開催された、外交・国防合同部会配布資料を、やまと新聞会員向けに公開する。 平成28年7月21日自民・外交部会配布資料内訳ダッカ襲撃テロ事件【外務省】トルコでのクーデター失敗【外務省】平成28年度経済政 […]


平成28年7月21日自民・外交・国防合同部会配布資料

21日、自民党本部で開催された、外交・国防合同部会配布資料を、やまと新聞会員向けに公開する。 平成28年7月21日自民・外交・国防合同部会配布資料内訳北朝鮮によるミサイル発射について【防衛省】比中仲裁裁判の最終判断のポイ […]


揺るぎなき国体(四) 神勅と帝国憲法第一条 展転社編集長 荒岩宏奨

揺るぎなき国体(四) 神勅と帝国憲法第一条 展転社編集長 荒岩宏奨 天忍穗耳命への神勅 本連載の第一回で述べたやうに第九十回帝国議会では「国体」をめぐる議論があり、結局国体を明徴にすることができなかつた。しかし、「建国の […]



【PR】「トルコとバングラデシュを激励する集い」

【PR】 このたび「トルコとバングラデシュを激励する集い」を開催いたしますので、ご紹介いたします。 親日国であるトルコとバングラデシュは、日本にとって大切な友達です。 トルコとバングラデシュは現在、内外の大きな困難と戦っ […]


タジカラオの独り言 第二回 「靖国神社に蛍舞う」 演出家・映画監督 野伏 翔

タジカラオの独り言 第二回 「靖国神社に蛍舞う」 演出家・映画監督 野伏 翔   戦後70年目の昨年の夏、靖国神社の境内で野外劇「俺は君のためにこそ死にに行く」を奉納上演した。この演劇は石原慎太郎氏の映画シナリオを原作と […]



【都知事選】週刊文春「鳥越氏女子大生淫行疑惑」報道、鳥越氏文春を刑事告訴 橋下前大阪市長「鳥越さん、訴える前に、いつも政治家に言っていた説明責任を果たしなさい」

21日発売の週刊文春で、都知事選に立候補している、鳥越俊太郎氏(76)の女子大生への暴行未遂疑惑が報じられ、注目が集まっている。週刊文春の記事では、鳥越氏が、気に入っていた女子学生を富士山麓の別荘に連れ込み、強引にみだら […]